エンダイブとトレビス

f0128894_0191068.jpg

野菜が新鮮で種類が豊富なスーパー(しかもお安い)を見ていたら
エンダイブの大きなパックが・・・100円?!
手に取るとずっしりだしとても新鮮そう。
エンダイブってどんな味だったっけ?
そしてナゼ100円?
といろいろナゾだったので買ってみることにしました。
すぐ近くにあったトレビスも見れば見るほどおいしそう。。。
こちらはちょっと高いけどエンダイブが安かったからソウサイね。

f0128894_019235.jpg

エンダイブは広げるとすごくたくさん~
レストランのサラダとかには真ん中の黄色いところだけが使われているイメージだけど
外側もちょっと固めだけどサクサクしているので
バリバリ全部草食動物のように頂きました。
苦くてオイシイ~♪
子どもたちにはレタスに少し混ぜて出したけど
私はエンダイブとトレビスの苦×苦サラダ♪
トレビスは丸ごとは初めて買ったけど
外側から剥がして使えばかなり持つことがわかりました!

レタスやサラダ菜よりずっと身がしまってる(?)ので
冷蔵庫に常備しやすいサラダ用野菜だと思いました♪

ちなみに・・・
エンダイブというのはイギリスでの呼び方で
フランスではシコレ。
(アメリカではなぜかチコリらしい?)
フランス語のアンディーブはイギリスのチコリ(黄色くて小さい白菜みたいの)。
トレビスはフランス語で
英語ではレッドチコリ

なんだけど(たぶんだと思うけど)
だんだんどれがなんだかわからなくなるし~
[PR]
by detaile2 | 2009-05-30 00:41 | おやつとごはん
<< 進化していた掃除機 アンティークの椅子 >>