進化していた掃除機

f0128894_22544045.jpg

掃除機を買いました。
今までのに特に不満を感じていたわけでもないのですが
しいて言えば手元スイッチがあれば便利だなあとは思っていましたが
フローリングなので別にそんなパワーとか必要ないかなと。
でも去年あたりでしょうか
空気清浄機機能付きという掃除機がでたのを知って
うちに埃がたまりやすいのはまめに掃除しないせいと思っていたけど
そうか排気がきれいじゃないのかもと改めて気づいたのです。
でもサイクロン式の掃除機はゴミの始末がどうしても気になって
(そういうのまめにできない私。。。吸うだけで終わりたい)
お値段の高さもあるし買う決心がつきませんでした。
ところが今は紙パックでもほとんど同じ機能というか
排気のきれいさに差はないということを知りすぐに心が決まりました!

使ってびっくり。。。
空気が違う!
埃は無くなるものだった。。。
(ような気がする・・・・今のところは)
今までの掃除はなんだったのでしょう。
埃を舞い上げてきれいになったつもりだったのですね。
紙パックってびっくりするくらいお高いのですが
フィルターと思えば納得です。

ちなみに手元スイッチはすごく便利かと思っていたけど
この掃除機は吸い口が床から離れているとすごく静かになってしまうので
こまめにスイッチを消さなくても平気なのでした。
電源を入れた時と切った時だけガガガガ!とかなりの音がするので
(紙パックが詰まらないように振動する)
途中でスイッチを切りたくないというのもあって
ホースを付け替えたりする時もオンのままです。
空中の埃を吸ってると思えば気分もいいし。。。

いろいろ合体ロボみたいに部品を組み合わせるのが難しいのですが
やはり使い勝手はとてもいいです。
ちょっと感動したのは紙パックにシールがついていること。
捨てる時に裏の紙がはがれてゴミがこぼれないよう張り付くというのです。
至れり尽くせりじゃないですか。。。!

去年ドラム式洗濯機を買った時も
電気製品の進化に驚愕(?)&感動しましたが
今回も同じ〇ITACHIの製品です。
[PR]
by detaile2 | 2009-05-31 23:32 | お買い物・お出かけ
<< ブルー・インパルス エンダイブとトレビス >>