ダムとリコーン

f0128894_16381114.jpg


貴婦人と一角獣展に行ってきました。

まず見た印象は「こんな大きなもの紙に印刷したの??」(へんなことを言ってごめんなさい)
というのは概要をよく知らずに行ったので
まずいきなりメインが展示されてると思わなかったのです。
(暗くて目が慣れなかったし)

しかしよく見ると確かにタピスリーでした!
とてもきれいでした。
というか記憶よりすごくきれい!
パリのクリューニー中世美術館で見たのは
10年以上前ですが
赤いと感じたのは何枚かで
あとは色褪せて朱色のような印象
全体の形もよれてゆがんでいたと思う。
今回の展示はあとで知ったのですが
去年修復されているようです。
赤や緑や青がくっきりとして
全体も四角に裏打ち?されているようです。

というとオリジナルの良さが損なわれているのでは?
と心配されるかもしれませんが
(というかもともと何度か修復されている)
むしろとても美しいと感じました。
自然で美しい色と思いました。
改めてこのタピスリーの美しさを知った感じです。

他の展示は少なかったけど興味深いものでした。
聖女バルバラ(木彫に彩色された彫像)が
古い時代の木製ドールに似ていると思って
かわいいと思いました♪
タピスリーの下絵を描いた画家は
ステンドグラスの下絵や彩色写本の挿絵も手がけたということで
参考になる時禱書やステンドグラス
装身具や宝石箱も少しありました。

f0128894_1638111.jpg


図録の内容がとてもおもしろいです。
実物は大きいし暗いので近眼で老眼だと
すぐ前にあってもなかなか細部は見えません。
会場では映像も二カ所にあっておもしろかったですが
(タピスリーを織る様子とか!)
図録でも動物や植物をじっくり見れて楽しい。
もちろん貴婦人たちや一角獣もすてきです。

そんなわけでとても楽しい展覧会でした。
ちなみに私は知らなかったけどガンダムにこのタピスリーのお話し?があるようで
図録にも言及してあったし次女も言ってました。
さっきわかったのは音声ガイドがシャアの人だったそうで…
次女は聞けばよかった!と言ってました。

パリで買ったタピスリー刺繍は刺しかけのままです。
これは「聴覚」ですが目が荒いのであまり似てませんね。
ユニコーンもいないしミルフルールもアレンジされてます。
さすがに色調はパリのセンス?でステキだと思います♪
ちなみにこれは印刷されたキャンバスを選ぶと
ベテラン店員みたいな人が毛糸をどんどん選んでくれるのです。
テントステッチかハーフステッチか選ぶように言われ(たぶん)
毛糸の量が違うのでお値段が違う…もともとかなりお高くて?
小心な私はハーフにしたのだけど
今思うとやはりちゃんとずっしり刺したかったかも。
夏が過ぎたら??続きを刺したいです…たぶん。
[PR]
by detaile2 | 2013-06-28 14:20 | お買い物・お出かけ
<< お人形の着物(突撃YBB♪) ブック型ロケット >>