活字・活字・活字・・・

f0128894_22253685.jpg

印刷博物館にある 印刷の家です。
ここでは活字を拾って印刷の体験ができます。

文選箱と呼ばれる小さな木の箱を左手に持って
12ポイントの活字を拾っていきます。
私はアルファベットの文字にしたので
ハガキくらいの箱に収まっている中から拾ったので簡単でした。
漢字の場合いは上の写真のような(これとは別の棚でしたが)中から探すので
あまり使われない漢字などは探すのが大変です。
(長女は「濱」という字を探してもらっていました)
それをステッキという枠の中に植字します。
アダナ印刷機( ↓ の赤い機械)を使って印刷します。
用紙はきれいに印刷された一筆箋が何種類かあって
私はエンジ色のシンプルなものを使いました。
くっきりとしたインクの鮮やかさと
軽く窪んだ活字の跡がとてもすてきです。
f0128894_1815737.jpg


上の丸い部分にインクがあって
その下に活字が縦に置かれています。
ハンドルを押し上げるとローラーが上下して活字にインクが付きます。
紙はハンドルの下の白いところに置き
2回インクをつけて3回目にぎゅっと紙を活字に押し付けます。

f0128894_17345226.jpg


刷り上った一筆箋と買ってきた絵葉書やパンフレット

常設展のさまざまな歴史的印刷物や
印刷過程のビデオが楽しくて何時間もいてしまい
すっかり冷え切ってしまいました。
400年前の書物とかが展示されているので
保護のため暗くてひんやりしています。
浮世絵の版木を彫るビデオには特に魅了されました。
なんという美しい精巧さ。。。
本が好き、印刷物が好きな人には一日楽しめる場所のようです。
[PR]
by detaile2 | 2007-08-05 22:26 | お買い物・お出かけ
<< 12ポ 全角欧文 ブックカフェの楽しみ >>