本と紅茶

f0128894_0133824.jpg

この土日はお人形三昧の二日間でした。
恵比寿ガーデンでは東京ドールフェスティバル2008
浜松町ではジャパンギルドミニチュアショー
最初はそれぞれ1日ずついくつもりでしたが
土日が近づくにつれワナワナ興奮してきたこともあり
どちらも気になってたまらないので
両日とも両方の会場を行ったり来たりしてしまいました!
ああ楽しかった。

ドールフェスティバルは美しい大きなお人形がズラリと並ぶ貴重な機会。
大きなお人形の迫力とかわいらしさはなんとも心地よいもの。
ドレスや帽子に施された手仕事と素材の美しさ
販売されているアンティークのレース・シルク・お花・エトセトラ・・・
こちらはそうそう手には入らないものばかりなので
たくさんのお人形を一度にじっくり楽しめる本を買いました。
ミニチュアショーはものが小さいだけに手に入れられる可能性も高いわけで
煩悩と感動が行きかってしまう場所。
ここでは気をしっかり持って冷静に心をセーブします。
ゆっくり楽しむことそれが大事。。。
かわいいものって限りなく作ることができるんだなあ。。。
繊細な手仕事を生み出す人たちといろいろ言葉を交わして
また世界が広がっていく感動を覚えました。

私は自然も好きだけどなんといっても人の手が作り出すものに感動する。
どれもみな想像しきれないほどいろいろな段階を経て
数え切れないほど多くの人の手によって生み出されてきたもの。
このような美しいものがどこかにちゃんとあると思うだけでシアワセな気持ち。
これからももっと美しいものを生み出してほしい。
そして時々その一片を見せてほしい。

紅茶はちょっと贅沢だなあと思うお値段。
(ネットで買っているテトレーの2倍以上?)
物産展とか〇〇展って危険だな。
でもやっぱりおいしいものも限りがないもの。
缶がほしかったのも本当だけど
ちょっとお得な紙袋入りが売り切れていたのも本当。
(その紙袋もかわいかったので残念だったけど)
おいしくてかわいいからシアワセです。
[PR]
by detaile2 | 2008-11-11 00:51 | お買い物・お出かけ
<< ビオラ ベノアのスコーン >>