ニードルポイント

f0128894_11114641.jpg

パリのタペスリーの手芸やさんで買った
図案が印刷されたキャンバスと毛糸です。
Tapisseries de la Bûcherie

毛糸に番号とかはないです。
私はニードルポイント習ったことはないのですが
とにかく目を全部埋めればいいか…くらいの気持ちでした。

パリの思い出1999


f0128894_1175615.jpg

右上のキツネの上の地色がちょっと違う…
途中で挫折して何年か後にまた刺してみようとしたのですが
この辺りをちょっと刺し始めて色が違うと気づきました。
毛糸4本どりなのですが
地色は2本ずつ色を混ぜるんだった…と思い出した。
(買った時に指示されたのはそれだけ)
お店の人も私も怪しい英語での会話だから
それで良かったのかどうかはわからないけど。
そこでまた挫折してます。
目が荒いのでなかなか図案の雰囲気通り刺すのが難しいです。
が、まあ埋まればいいかと適当に刺してます。
顔とかオルガンはさすがにバックステッチ入れたりして
なんとなくわかるように刺してるようだ…
貴婦人の顔はわりと?うまくいったと思ってるけど
侍女は頬の丸みを出そうと一目刺したところが鼻に見えちゃう?
輪郭まわりの地色を刺したら少しよくなるかな?

f0128894_118236.jpg

遠くから見るとけっこう見分けられるのが不思議です。
脳が元の絵を知ってるから脳内修正してるのね。
ということはあまり馴染みのない人にはそう見えてないということ…?
貴婦人のアバンギャルドな髪型がわかりにくい。
(額の上で束ねた髪を角みたいに立てている…一角獣風?)
ここは少し修正しよう。

f0128894_11114767.jpg

本物のタペスリーです♪(図録の表紙)
オルガンの両端の柱の上に
ライオンと一角獣の飾りが乗ってます♪
私のタペスリーではキツネになってるところ
本当はウサギですね。
[PR]
by detaile2 | 2013-07-02 11:06
<< ブルーベル ファッションの本 >>