パリアンドール デイドレス

f0128894_02413281.jpeg
1840年ころのデイドレスです。

f0128894_02423617.jpeg
この時代のスカートは長四角で
ウエストサイズの6〜7倍ものギャザーをよせるので
カートリッジプリーツという縫い方をします。

まずスカートのウエスト部分を多めに折り返し
均等なギャザーをよせます。
このように厚みのあるギャザー(プリーツ)になるので
スカートの表側からプリーツの山を1本ずつすくい
ベルトのテープにまつります。

このシルクは細かいドット模様がガイドになるので
とても均等にプリーツが縫えました。

f0128894_02442787.jpeg
厚みは裏側になるので表側は平らになります。

f0128894_02445230.jpeg

f0128894_02452339.jpeg
ウエストラインに厚みが出ません。

f0128894_02454782.jpeg
厚みがどうなっているかというと。。。
厚みがウエストに沿うように向きがかわっています。

f0128894_02460590.jpeg
スカートをボディスに縫い付けて完成です。

Sawing Victorian doll clothes




[PR]
by detaile2 | 2015-10-20 01:07
<< レースドール 矯正中。。。 >>